辰の叫び 記号

記号

電話の自動音声案内を利用していると、「シャープを押してください」とを押すことを促されることがあります。

これが英語になると・・・は『パウンド(キー)』と呼ばれるそうです。
米国ではポンド (質量) を表すのにも使われるとのこと。
北米以外の英語圏では「ハッシュ」と読まれることが多いそうです。

世界標準と思い込んでいる記号は、英語だと色々違うんですねぇ。

アットマークではなくて、at sign、at symbol、atなどと呼ばれ、文章中ではat(アット)と読まれる。

ちなみに、は、asterisk(アスタリスク)とのこと。

いや、勉強になりました。
スポンサーサイト
↓↓あなたの一票お願いします。m(_ _)m↓↓
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ ← モバイルの方はこちらより

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ai0125

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新記事
バナー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来客者
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英検2級単語ドリル


検索フォーム
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
RSSリンクの表示
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード